黒やぎの(てくてくわくわく 街道ウォーク)番外編

ふとした事から街道ウォークの付き人になった黒やぎのひとりごとです。ルピナス主宰の(てくてくわくわく 街道ウォーク)(http://kaz-mt-wisteria.hatenablog.com/)とあわせて見てくださいね

ごはんのお供にはまだ暑いが・・・・・・

今週のお題「ごはんのお供」

幼少の頃、例の川崎の伯母ンところに泊まりに行くと、まあ大歓迎されて(伯母は独身)いろいろな子供の好きそうなものを取り揃えてくれたんですが、なかでも新橋玉木屋の桜でんぶってのが大好きでした。ちょっと甘くて、見た目鮮やかで。でもピンクピンクしていなくて。

大人になってから永井荷風の日記(昭和10年代)を読むと、(だいたい古くからある店は名声に胡坐をかき味は落ちて店員は尊大になる傾向だが、新橋玉木屋の佃煮は味はずっとそのままで店員は丁重なこと以前と変わらずたいしたものである)と口の悪い荷風さんにしてはとてもよくほめている。

先ほど玉木屋のHPを覗いたところ、魚系のつくだに、のなかに、桜でんぶは健在で、価格もそう高くなかった。もう私が食べてから半世紀も経過している。すごいと思う。

 

さて、まだ暑くて、白米を食べるだけで精一杯だが、10月になったら、ごはんのお供に食べたいのが(かんずり)。これは昭和60年頃スキー合宿で行った新潟県妙高杉野沢の土産物屋で丹念にみていたら発見したもの。それ以来、毎秋冬1回は食べている。地元産の唐辛子を麹とゆずと塩と3年間樽につけて出来る珍味で、瓶入りで500円くらいからある商品。東京でも高級スーパーなどで扱っている。新潟や長野県内だと土産物店でよく目にする。が賞味期限には注意したい。

製造元は妙高市(旧新井町)の有限会社かんずりというところ。そこ1社だけ。HPには様々な食べ方が紹介されているが、くろやぎは、かんずりを箸またはフォークでご飯に乗せてそのまま食べるのを旨としており、大学4年生の時からずっとそのスタイル。唐辛子味は決して強い方ではないが、アメリカの偉大な食品タバスコと、日本のかんずりは、よくこの製造法を確立したと高く評価し、発明者を尊敬している。

かんずりは、唐辛子の辛さが好きな人ならば、万人に行ける味であり、特に麹が入ることで味にマイルドさと奥行きが出ることと、隠し味にゆずが入っているはずである。開封後は冷蔵庫での保存をおすすめする。

 

気楽な性格なのか

今週のお題「もしもの備え」にて書きますね。

本当のことを書くと、もしもの備え、あんまりしていません。うちは家族が多いのですが、十分にあるのは水くらいで、あとは何があるんだろう?卓上コンロのボンベとか?買っておいたはずだけど、いつも毎年お正月に餅を焼くので1本半くらい使い、補充をしなきゃと思いつつ年始の仕事の多忙で忘れ、そのうちに暖かくなって忘れる、の繰り返し。次に思い出すのは7月・8月の防災の日(の前倒しで)(生協などのちらし)を見て、くろやぎではなくルピの方が、たくわえを開け、あ、これ、賞味期限が来ていると言って、買い替えて、前の水を飲んだり麦茶にしたりして。

くらいでしょうか。

非常用持ち出し袋もあるはずで、懐中電灯など入れている?はずですが。あとで中身をよく見ておかないとね。

十分にあるのは、ラジオで、大ラジオ、小ラジオ、3つくらいあります。電池も1年分くらいあります。今はスマホでラジオは聞こえるし。

そう、大丈夫だ、と、思っています。

 

そんな宿題あったかなあ?

今週のお題「読書感想文」

夏休みにそんな宿題があったかどうかも特に詳しく思い出せないのですが、わたくしの通った✕学園では、植物採集or昆虫採集の集いへの参加義務というのがありました。昭和40年代の中頃だと思って下さい。

あたしは、昆虫は、ちょっと、あの幼虫とかいうのもダメなんで(蚕以外は)、いやいや電車に乗って埼玉県の方まで植物採集。

興味もないので、植物の名前も聞いたそばから忘れ、名前を書いたはずの紙テープも茎へしばるのが苦手で、外れたテープがどうらんの中にいくつかあり、意味不明な植物採集のことはとりあえず置いといて、中途半端な気持ちで夏休みを過ごすもんだから、20日過ぎてから、つてを頼って再調査、「これなんでしょう」聞かれた方もびっくりするよね、夏の暑さと時間の経過で植物、わけわかんない干し草みたいになっていて。

 

もう少し几帳面になったのは30代すぎてからで、今では払込票で支払う公共料金や税金など、領収書をプリント用の上質紙にのりで張り付けて、紙ファイルで保存、くらいのことは出来るようになりました。

心の底に、いい年して、もう、あの、植物採集みたいなことは出来ないからなって、心の中でもう一人の自分が言っている?様な気がして。

でも、読書感想文って宿題はあったかな?感想を書くのは、得意だったから、心の負担ではなかったのでしょうね。

今こうやって、ブログのお題を頂いて、サラサラ書いているのと、それほど変わらずに、可能であります。

でも、得手不得手があるからね。宿題って。

 

ね、暑いよね

今週のお題「暑すぎる」

マスクなんかしているから余計暑いんだよって叫びたくなる時がありますよね。顔の皮膚がベターっとして。ですので、クルマで次の場所まで移動中の時は、すかさずマスクを取って、左下からやってくるクーラーに顔を当てるようにしながら運転して。

以前よりも涼しさを求める気持ちが強くなったように思います。

ニュースもさ、暑くなる、あつくなる、アツクナルウウって、同じことを念仏のように何回も、アナウンサーだの綺麗な格好をした気象予報士だのみんなで代わる代わる言われたら、なんだか首筋が暑くなったとか、みぞおちに汗がたまったとか、精神的にさああ、あついような、そんな気持ちになるじゃあないですか。

黙って天気と気温だけ言って、あとは視聴者の俺たちに任せてくれないかなあって、思うことがありますよ。もういいって、わかったって。こっちもマンション暮し、監獄生活じゃないんだから、隣りの畑と、その上の空を見れば今日が暑いかそうでもないかくらいわかるんで。

そう言っているうちに、9月になって涼しくなったらいいなあって思っています。

 

本当に暑い夏

昨日は関東地方北部で40度。東京都の郊外や八王子市でも39度。

ね、39度ですよ。熱波の襲った欧州のような暑さ。日本じゃない暑さ。どうしちゃったんでしょうね。仕事でワゴン車を乗り降りする日々ですが、さすがにお盆休みは行先がぐっと少なくなって、グラウンドの隣の日陰でちょっと休憩、なんてことも出来ます。同じことを考えている小さな車の配送やさんや、タクシーなど、日陰、特に学校の体育館やマンションの裏などの大きな日陰にいます。スポーツ新聞を読んでいる運転士さんなんかも居ますが、圧倒的に多いのは睡眠。みなさん、シートを倒して、もちろんエアコン全開で寝ていますね。エンジン音が五月蠅いかもしれないので住宅の前でやる人は殆どいません。それに今の住宅は、セキュリティの万全なお家もありますから、ちょっと居るとですね、ぴかっつピカッって光ったりするしね。

乗っている限りは、エアコンを自分好みに設定して涼しいので快適です。

このまま降りないで帰りたい、って思うくらい。

 

今書いているのは家のリビングで現在の時間は7:16ですが、もう温度計は31度を示していますよ。風も入ってきますが、それが気温を下げる雰囲気まではいかず。

街道ウォークで、死ぬほど暑い8月初めに山中→三嶋大社まで歩いた日、こんな感じでした。二年前の?8月かな。

街道ウォークはいつ再開できるのでしょうか。