黒やぎの(てくてくわくわく 街道ウォーク)番外編

ふとした事から街道ウォークの付き人になった黒やぎのひとりごとです。ルピナス主宰の(てくてくわくわく 街道ウォーク)(http://kaz-mt-wisteria.hatenablog.com/)とあわせて見てくださいね

もうひとつ前の夏合宿

私立Ⅹ学園の合宿の前、6歳の時に行った、幼稚園の中軽井沢合宿のことも書きますね

わたしは、早生まれだったから5歳ウンか月なんですが、上野駅の地平ホーム??だったかなあ?集合して、母親と別れて、信越線の、準急なんとか、乗って行きました。電車で169系だったと思います。

6歳ですから、動揺する園児が周囲には多く、行きの電車の中でああこう言ったり泣いたりするやつもいました。まあ、しょうがないなあ、どうも3日間くらい親には会えないらしいな、腹くくるしかない、ってくろやぎは思っていました。宿舎はひろく、幼児向けのご飯はおいしく、苦手のスイカも何とか食べて、書けと言われて家にはがきを書いて、くろやぎが書いているところをのぞき込む子がいる写真が、実家に残っています

軽井沢は涼しくて、とてもよいところでした。

行きも帰りも電気機関車(数台?)にひいて、あるいは押されて。

横川なんて地名は知りませんでしたが、機関車が離れて、普通に電車が走り出すと、群馬の田舎はちょっと暑くて、でも窓開けっぱなしでも昭和40年ごろの夏は今ほど暑くなくて、快適でした。夕食の弁当を早く食べなさいと言われいわれして、ようやく赤羽で食べ終わると、すぐに上野。集合場所と同じところに母親が待っていて、うれしかったなあ。

上野駅の地平ホームから、上野公園側の山手線のホームに上がる構造をこの時覚え、デカい駅でも物怖じしなくなりました。いつかは着くと。小学校2年のときの遠足で新宿駅の団体集合解散場所から正反対西口側の山手線ホームまで、同級生10名を連れて、こっちだろうと誘導できたのは、ささやかながらくろやぎの誇りであります。

帰宅した翌日の朝、アパートの大家さんのポストに、軽井沢で自分が投かんしたはがきが着いていて、おおやさんのおばさんに、立派な字を書くねえとほめられました。

ぜんぜんダメ、苦手なキャンプとか合宿とか

今週のお題今週のお題「キャンプ」

 

小学校の夏の特別授業(植物採集)でも、うまくいかないのに、夏合宿(海の家の)なんか絶対に行きたくなかったのに、母親に(〇〇先生がくろやぎクンのような生徒にもぜひ参加してほしいっていうのよ)って言われたから、行かない???って言われて。

母親のやつ、俺が自分に似て言われたら断れない性格だって知ってて誘導したなって今なら思うのですが、昭和47年勝浦市鵜原の夏合宿に参加しました。

ホントいやでした。

だいたい、ついひと月前まで新宿から気動車乗って行けたのに、知らぬ間に房総西線は電化されて、名前も勝手に変わって内房線。急行「なぎさ」(だったかな?)電車急行で、指定席で行って、

電車かあ、つまんないのって。

合宿は、磯の深さ2~3mのところを潜って泳いで、みたいな会場に毎日毎日通って、何が面白いんだかって一日でした。

親に持たされた水中眼鏡も、水深深いと全然暗くて見えないし、別に子供30人でもぐると海水もにごってきれいじゃなくなるし、陸地にいる時間がだんだん増えてきて。

アルバイトで参加してくれた先輩のおにいさん、おねえさんがよくしてくれたのが、唯一の救いでした。ですから、鵜原って聞くとあのしんどかった5泊6日の合宿が頭から離れませんでした。

 

帰りは、急行券を買う金がなかったのか??なんて当時の学校関係者に申し訳ないけれど、普通乗車券でのれる、快速白い砂号でした。113系、国鉄では当時まだ珍しかった冷房車でしたが、7月終わりのギラギラした太陽と、セミクロスシートのトイレ前のロングシート部分に小6が4人くらい座らされて、暑かったな。でも、家に帰れるのは安堵でした。

本当に生まれた時からインドアで、いまでも家族以外の旅行、会社の慰安旅行とかも、結構ダメな方で、ぜんぜんそんなことでは慰安されない性格なんでしょうね。

 

 

日本って、夏は冷やし文化ですね

今週のお題

みなさんの文章もたくさん読みましたが、日本って、夏は冷やし文化ですね。涼を求めることには敏感、どんよくと言えるのではないでしょうか。

日本中に電気冷蔵庫の普及ってだいたい40年から50年くらい前でしょうけれど、(もっと前か?前かも、うちの両親は新婚の時に月賦で買ったって言ってたから)冷凍庫のふきゅも結構早かったし、みんな使い方が上手ですものね。お菓子を冷やしてみるっていうのもみんなが冷蔵庫を持っているからです。冷凍冷蔵庫と電子レンジがあればたいていのことができますし。

平成の初め、山梨県で完全一人暮らしをアパートのエアコンはちょっと後にしたけれど、冷蔵庫は真っ先に買いに行きましたね。甲府の街中まで行ってダイエーで。まだ地元の人と仲良くなっていなかったから、デイバイデイとかは知らなくて。ダイエーがまだあったころです。ちょっとだけ電気製品も安くて。まだアマゾンなんて全くなくて。

冷えたビール、多くゆでておひるに食べ残して夕飯にもなった冷やしそうめん、夜間で沸かしたあと冷蔵庫でよく冷えた麦茶、ルピナスの好きな冷えた枝豆、日本の夏はこういうものがとても美味しいです。

 

鈴鹿8時間耐久レースの観戦に行ってきます。

いま、かんせんと打ち込んで変換すると、感染と真っ先に出る。コロナ流行から2年半で、生活のすべてが変わりました。順調だったら愛知県を歩いているはずの旧東海道街道ウォークも、金谷宿で止まったままですね。コロナとルピの家族の個人的事情で、まだしばらく、静岡県内のウォークはお預けです。

コロナがこんなに流行っているのに、静岡県と愛知県を通り越して、三重県鈴鹿サーキットに行くのは、ホントはいいのかどうか分からないのですが、このオートバイのレースは3年ぶりの開催であること、そして最近分かったのですが、オートバイメーカーのスズキ(自動車も作っています、スイフトとか軽ワゴンのエブリ、アルトなど)が今年いっぱいでレース活動から撤退することも最近発表されて、スズキのトップチーム「ヨシムラ」のファンである私は、来春で学生を終える末っ子と共に、最後の応援をするべく行かなくてはならないのです。

熱中症にならないように気を付けて、もちろんコロナ対策もして、木曜夜の移動で行ってまいります。

 

明日はジュディ・ガーランドの命日

アメリカの映画・ミュージカルスターだった、ジュディ・ガーランド(1922-1969)の亡くなった日が、あす6月22日

 

あの、虹の彼方にという、有名な歌を、1939年の映画、オズの魔法使いで歌ったのが彼女です。白黒で始まり、夢の国を歩く途中にテクニカラーに変わり、失神からもどると白黒になる、そんな昔の映画を、テレビで(たぶんCMがやったら多い東京12チャンネルで)子供のころに見た記憶があります。

 

彼女は不運な人で、スターになった後も、過酷な撮影スケジュール等がたたって、うつ病にも麻薬中毒にもなり、与えられた配役を十分にこなすことが出来ず、またうつがひどくなったりアルコール中毒になったりの繰り返しで、精神的にも安楽な人生を送っていた時期はわずかであり、好意を寄せる異性とはすぐに結婚しては、結局裏切られて離婚し、だんだん経済的にも追い詰められて、といった割合に分かりやすい墜落ぶりを示すような人生だったらしいです。

 

でも、1948年ごろまでのMGM映画(イースターパレードあたりまで)単発で出たワーナー映画のスタア誕生など、いまでもすばらしい映像が残っていますし、様々な理由から映画に出られなくなった後も、テレビの映像や、カーネギーホールコンサートなどのすばらしいCD録音が残っています。彼女はスイッチさえ入れば、歌の方は(倒れるまで全力投球)タイプで、60年代中頃まで、もうおばさんの声になっても、すばらしい表現力の持ち主でした。

 

わたしが、彼女の名前を記憶したころ、もうジュディ・ガーランドはこの世の人ではありませんでした。いくら麻薬の影響とはいえ、享年47歳、早すぎますよ。65くらいまで生きていて欲しかった。

彼女や、90年代の歌姫だったホイットニー・ヒューストンは、本当に早く亡くなってしまって。悔やまれます。