黒やぎの(てくてくわくわく 街道ウォーク)番外編

ふとした事から街道ウォークの付き人になった黒やぎのひとりごとです。ルピナス主宰の(てくてくわくわく 街道ウォーク)(http://kaz-mt-wisteria.hatenablog.com/)とあわせて見てくださいね

本屋さんで買った本について その2

冤罪 田中角栄ロッキード事件の真相 

石井 一 著 産経NF文庫 

 

ロッキード事件とは、昭和50年代の初め~日本中を騒がせた汚職の話で、アメリカの航空・軍事系の会社 ロッキード社が自社製品を多くの国に買ってもらいたく、自国や各国の政治家などに様々な形で政治献金を贈り、それが日本で大問題となった事件のこと

総理大臣経験者だった田中角栄や、橋本登美三郎、佐藤孝行など自民党の政治家、若狭全日空社長他幹部などが逮捕された。

 

著者は元衆議院議員を11期つとめ田中派の青年部隊と言われた人。

 

ロッキード事件が発覚し国会で証人喚問があった頃、くろやぎは中学三年生。

旅客機を日本に売り込むのになぜ総理大臣への政治献金がいるのか?普通に商社を通じて航空会社に売り込むだけでいいのではないか?と思っていましたし、もう一人の黒幕である児玉誉士夫の話はいつの間にか消えてしまいました。

それと田中角栄に渡されたとされる5億円が、現金で五回に分けて、というのもよく分かりませんでした。中学生の発想ですが。

著者は(田中の)オヤジには世話になったという回顧とこの事件はおかしいという自分の勘から、独自に自力で調べ、ルートを使ってアメリカの弁護士まで調達して必死で汚名を晴らそうと動いた話です。政治家独特の人(有権者)を気分良くさせる内容に終始するところもありますが、角栄は嵌められたのではないか?という疑問は共感出来ました。オヤジ気質についてもたのしく読みました。

最近、立花隆という人が亡くなって、彼の田中角栄研究が再評価されているらしいのですが、立身出世の方法プロセスとして見る角栄の生き方と本人の持つ人間性は別であることと、たぶん研究課題として見る角栄氏はひときわ悪く見えるもので、それが、当時の東京地検を刺激し逮捕に至ったのではないかと思います。たぶん公務員である検察の頭のスケールでは5億円は巨額なのでしょう。