黒やぎの(てくてくわくわく 街道ウォーク)番外編

ふとした事から街道ウォークの付き人になった黒やぎのひとりごとです。ルピナス主宰の(てくてくわくわく 街道ウォーク)(http://kaz-mt-wisteria.hatenablog.com/)とあわせて見てくださいね

母の日はなにもしないうちに

今週のお題「母の日」 この間の日曜日が、母の日。 いいんだよ、毎日が母の日なんだから、というのが、口癖だった母親は去年の春、まだ寒い頃に、天に召されて行き、母の日は一度も、何もしない内に、相手が居なくなってしまいました。 しようがないので、仏…

第22回街道ウォーク

2ヶ月ぶりに、行って参りました。 駅でいうと、JRの新蒲原駅から由比駅まで。6キロ強ですか。 歩数は22000歩といったところで、時間をかけて歩いたので大丈夫でしたが、数日前に右足の小指を負傷していたので、体重の掛け方がいつもと違ったらしく…

夕方になった

一日が早い。 洗濯物を干し、歯医者に行き、ホームセンターで買い物をし、午睡をする。それだけなのに、気が付いたら15時20分である。時間、特に休日の時間経過が本当に早い。 春になって、防寒具のことを考えなくてよいのはありがたいこと。そして日の…

春が来た??

桜の記事を書いた後に、春が来たよというのも変ですが、でも、北の方から寒波が来たし、開花したソメイヨシノの枝の上に、雪が小さく積もる光景が、これまでもあって、テレビ局がいうほどは珍しくないですね。 そういう4月前半の日々もなんとなく通り過ぎて…

冷えますね

きょうは、うちに居るんですが、 まあ、寒いですね。あたしンちの近くの気象庁、アメダスを見たら、一つは1.6度、もう一つは3.7度。この街は真ん中を取って、2度くらいなのでしょう、きっと。 外は、雨。あめ、この気温で雪にならないのが不思議です。 助け…

ひきつづき、さくらについて

桜と書くと、いま、表で咲いているソメイヨシノになり、平仮名のさくら、と書くと、昔、長崎まで一晩掛けて走っていた、寝台特急のイメージがありますね。子供の頃、東京駅を16時30分に出て、長崎に翌日のお昼ごろ着いて。一晩走って、何事かを成し遂げたよ…

さくらも咲いて安心

4月1日になりました。 新年度ですねえ。僅か1か月の平成31年度と、11ヶ月の令和元年。いま、令和って打ち込んだら、変換が4番目に出て来ました。はてなブログの沢山のユーザーさんがおひるっから、打ち込んでくれたからでしょう。 令和って、涼しそうでいい…

雪の卒業式

今週のお題「卒業」 はい、くろやぎです。 遠いところでは小学校の卒業式。あたしの居た、私立✕学園小学校の卒業式は、あたしの誕生日でした。昭和48年のこと。先生から扉に名前の入った讃美歌を頂いて、お茶の会をして。いや、お昼も食べたのかな。ほんわか…

浅草へ行きました

まだ、小学生や中学生だった頃、両親に連れられて浅草に何回か行きました。 母は、元々は今の江東区(深川、猿江)の生まれで、戦災で焼け出されるまで住んでいましたから、浅草は身近でした。私たちはよく、そばの尾張屋に行き、両親は、天ぷらそば、わたし…

今週のお題 変わってなかった

さっき、ブログネタないかなって、今週のお題見たけれど、まだ、歯みがきの話と、未来予想図、要するに先週から更新されていなかった。 ネタがないなあ。 あっ、きょう、ホワイトデーだった。 以前はホワイトデーって大騒ぎで、コンビニでもスーパーでも百貨…

さくらが咲きました

ソメイヨシノよりも先に、拙宅のさくらが咲きました。 まあ、お花見が出来るくらい咲いているわ、と生協宅配の女性が褒めてくれました。 ルピナスが15年くらい前に通販で購入した、実の食べられる桜の苗。そのころは、アパート暮しでしたので、青い大きな鉢…

空腹は良くないね

順調に行ったウォークでしたが、やはり昼食の場所がなくて。 旧街道だから、仕方ないのですが。 蒲原宿、渡辺家の土蔵でおくさまにいろいろためになる話を伺ったのですが、何しろ空腹で脳にエネルギーが行かないままだったものですから。 もったいないことを…

あたしの歯磨き

電動歯ブラシ「ドルツ」特別お題キャンペーン #はてなブログ歯みがき週間 「私の歯みがき」 Sponsored by Panasonic 今週のお題 わたしの歯磨き 学生生活最後の昭和60年、就職も決まったことだし、そういえばしばらく歯医者にも行っていないので、特に痛む…

富士山 さようなら

東京は武蔵野台地に住んでいるので、常に富士山は西の方に在り、秋、冬になると、てっぺんの頂だけ見えて、「見えた、みえた」「あたし、富士山が見えるだけでしあわせなの」という東京の人は結構多いと思う。 それが、街道ウォークを始めて、神奈川県に入っ…

北海道で地震

昨夜、震度6弱の地震があったそうで。 北海道、あるいは、熊本。時々、同じ地域で同じ規模の大きな地震が起きるね。 地盤が、地震が起きるような、くせになっているみたいで。 集中豪雨もそうだよね。決まった地域に雨雲が集中する。通り道になる。 色々、…

立派な橋でした

しばらく歩くと、富士川が現れました。県道396号にかかる、富士川橋。 鉄骨トラスがちょっと古風な感じの富士川橋。 地図で見ると、海岸沿いの国道一号線、新富士川橋、この富士川橋、大河富士川を渡るには、この二本の橋しか周辺にはありません。重要な橋な…

富士駅からひとえき乗って

身延線の柚木駅(ゆのき)に降り立ったところです。 甲府行きの各駅停車が発車して行きました。 きょうはくもり。この時点で、富士山は見えませんでした。

きのう、行ってきました。

いつも、くろやぎ番外編にご来訪ありがとうございます。 さて、昨日2月10日(日曜日)第21回街道ウォークを実施しました。天候は曇りでほんの一時小雨も降り、地元の皆様は今日は寒い寒いという、そんな日でしたが、良いウォークが出来ました。区間は、…

山を越えて

今週のお題「わたしとバレンタインデー」 バレンタインデーは、一度だけ、良い思い出があります。仕事で、東京から少し遠い地方に居たとき、手作りのチョコを頂きました。電車に乗って、山を越えて、持ってきてくれた人に、チョコに、今でも感謝です。 その…

きょうは2月7日

昔からなんでもない平日の2月7日ですが、くろやぎの母校、武蔵野台地にある私立X学園は、2月7日と8日の二日間が、入学考査でした。入試だから学校は休み、生徒諸君は休日、とはいかないところが、昭和の学校です。 最近の言い方では中高一貫、である✕学…

ワッペン列車のこと

その頃一介の私立小学校が、どうやってまあワッペン列車の座席を確保したのか、当時の先生の多くは他界されていて、また、もう聞くすべもなくて、分からないことが多いのですが、乗客一人一人にワッペンをくれるこの列車、くろやぎはかなり気に入っていまし…

帰路は新宿駅

その時、昭和43年の遠足はマウント富士号でその日のうちに帰京しました。小学生なんだから当たり前ですが、終点の新宿で、解散。 集合も解散も今はない国鉄新宿駅団体集合場所みたいなところで、吹き抜けの空間のある広いところ、今の東口ルミネのたぶん1…

遠足で見た富士山

あたしの行ってた小学校の遠足で、河口湖まで行ったんです。 小2の5月、新宿駅集合で(母親に送られて)マウント富士号という電車に乗って。青とアイボリーの横須賀線色70系という電車。 大月から富士急行線に乗入れて、どこでしょうか、富士吉田も真近…

わたしの節分、というほどのこともない、2月3日

節分の主役は子供。あたしは、小1だった昭和43年の成人の日に、練馬区からこの街に引っ越してきたのですが、いやあ、寒いのなんの。びっくりしましたねえ。新築の家なのに、寒くて。耳は一発でしもやけになり、切れたりしましたねえ。 薬屋に勤めていた叔…

柚木駅(無人駅)から東京まで

さすが、ホスピタリティのレベルが高い静岡県、感心しながら富士市内を歩き、ちょうど15時40分過ぎに、身延線の柚木駅に着きました。時間も、写真撮影上必要な光線加減もこのあたりが限度でしょうか。引き上げることにします。 柚木駅は、高架の立派な駅…

少しでも鉄道収入の足しにと・・

岳南電車、吉原本町駅です。 切符売り場に、女性の駅員さんが居ました。電車が到着すると改札口に立っています。ちなみに、切符の自動販売機とか、自動改札はありませんでした。 ちょっと威厳のある感じの駅員さんでしたが、試しに入場券があるか聞くと、取…

岳南電車に

70年代、鉄道系の雑誌の特集で、岳南鉄道のことを知りました。吉原からくねくねと引込線のような路線図、電車よりも貨物輸送と収入の比率が高いこと、など。 今回地元に行くと、岳南電車、と、表記が変わっていました。 なにしろ、JR貨物との関係からか…

踏切の音が聞こえて

旧東海道を歩いているので、JR東海道本線との絡みは当然あるのですが、そのほかに、箱根登山鉄道とか、伊豆箱根鉄道など、地元私鉄を見るっていうのも、「鉄」の入ったくろやぎのひそかな楽しみであります。前回、伊豆箱根鉄道駿豆線、三島広小路駅の際に…

土曜日だったが

吉原駅から歩き始めたのは、1月5日(土)でした。大小さまざまの工場がある町。広めの通りはもう10tトラックが何台も連なって走り、まだおとそ気分の抜けない地元住民の軽自動車と競争をしております。こんな環境だったら、間違いなく、運転がうまくな…

行ってきましたよ

12月は歩けなかったので久々になりましたが、街道ウォーク(節目の第20回)を行いました。前回、空腹、やや疲労で、ようやっと着いた吉原駅。飲食店もコンビニもなくて、というところから、歩き始めました。 一日、富士山を見ながら、工場の煙突を見なが…